あけましておめでとうございます

2019-01-01T11:11:45+00:00 2019年1月1日|お知らせ, ブログ|

2018年、中沢酒造では色々なことがありました😍 中でも、109年前に発見された幻の酵母を使ったお酒「純米吟醸 S.tokyo」をリリースでき、各方面で取り上げていただき、2日で蔵完売できたことは、まさに皆様のご縁とご尽力のおかげです✨ ただ、生産数が少ないため、お渡し出来ない方も多かったです。。。   2019年は「純米吟醸 S.tokyo」を東京の方にも楽しんでいただけるよう、増産していきます!!   江戸時代から続く中沢酒造は、今季で194年目の酒造りをしています🍶✨ もうすぐ創業200年! 伝統を守りながら、更に「進化」「深化」「新化」し、美味しい日本酒を作っていきます😁✨  

しぼりたて発売中✨

2018-12-26T10:36:13+00:00 2018年12月25日|お知らせ, ブログ|

中沢酒造の蔵でも、 新松田の駅前のお店でも、 もしかしたら、あなたの近所の酒屋さんでも、、、😍 「松美酉 本醸造 しぼりたてのお酒」発売しております✨ 発売から3日目、すでにリピーター様も❤️ 今日は寒いですね。。。 コタツに入ってぬくぬくしながら、冷やしたお酒をチビチビとやりたいものです。。。笑 「本醸造 にごり酒」も先行販売中✨   出来立てホヤホヤの酒粕もありまーす✨   今後も続々と新酒が出てきますよー✨ 楽しみ楽しみ😊 日本酒好きにはたまらない季節です!

酒林づくり体験

2018-12-19T14:49:13+00:00 2018年12月18日|ブログ|

いつもお世話になっている酒販店様、飲食店様が、お店の軒先に飾る酒林を造りにいらっしゃいました☺️ 去年の酒林の杉の葉を解体し、竹芯の部分はそのまま使えそうなら補修をしてそのまま使います。 この、竹芯を作るのが、とっても大変💦 杉の葉を同じ長さに切ったものを大量に用意し、 竹芯にバランス良く差し込んでいきます! 全体の形を見ながら刈り込みを行い、完成です🌲 去年の酒林に感謝を込めて、今年の酒林に希望を込めて😍✨   竹を切り出して、芯となる部分をつくります!これが結構大変で・・・・💦 竹を細く、薄くしていきます。太すぎでは丸くならないし、細すぎては折れてしまいます😢   切り出した竹を球状にしていきます! きちんと固定しないと、来年1年間、キレイな酒林を保つことはできません!!   杉の葉を差し込んでいきます。1区画に詰めすぎると竹芯がゆがみ、緩んでしまいます。 全体にバランス良く差し込んでいきます! この時、杉の葉を差し込む人がスムーズに作業できるように、予め杉の葉は同じ長さに切っておきます。 青い箱に約8箱使います!   小休止で、もぐもぐタイム!😍ほかほかの中華まんと、缶コーヒーであったまります。 この日も寒かったー❄️   全体のバランスを見て刈り込んでいきます。 [...]

酒林(さかばやし)完成しました!

2018-12-19T17:03:32+00:00 2018年12月15日|ブログ|

しぼりたてのお酒の完成より一足早く、酒林が完成しました😆✨ 酒林とは、、、「酒屋で杉の葉を束ねて、球状にし、軒先にかけて看板とするもの」です。 杉玉(すぎだま)とも呼びますが、広辞苑には「杉玉」は載っていません。 中沢酒造の酒林には、あるこだわりが、、、 それは、骨組みを「竹」で作ること!! 針金を使って骨組みを作るところが多いようですが、中沢酒造で作っていただく酒林は、骨組みを昔ながらの「竹」を割って使っています。 なぜなら、酒林は江戸時代前期からありますが、「江戸時代前期には針金は使ってなかっただろう」からです。 中沢酒造も江戸時代から、日本酒を造っています! その頃に思いを馳せながら、竹で骨組みを作っているのです✨   大量の杉の木を使います!トラックで裏山から採ってきます。   中の骨組み。針金ではなく、竹を使います。 今年は少し改良し、特殊な形をした骨組みを使います😊 この骨組みを作るのがとても難しい!   骨組みができたら、杉の葉を均等な長さに切っていきます。パチン、パチン。 この箱に8〜10箱ほど、切ります!   半分できました! 竹枠の大きさより5~10センチほど大きくなります。 酒林を作ってくれるのは、ベテランボランティアの有川さん✨   [...]

酒母の中で酵母が育ってます!

2018-12-03T19:33:10+00:00 2018年11月22日|ブログ|

酒母がすくすくと育ってます✨ 🍶米麹の酵素により、蒸米のデンプンが、酵母が食べられるように、糖に分解されています。 🍶大きなタンクに移しても雑菌に汚染されないように、糖を食べて、酵母が増殖しています。 🍶乳酸を入れることで、雑菌に負けない環境を作っています。 温度を上げたり、下げたりすることで、酵母や酵素の働きを活性化させたり、抑制させます✨ すでに酒母室には、ほんのりと吟醸香が漂っています😊 どんな様子かなー??   こちら、仕込んで4日目の酒母。我が子を見守る眼差し✨   酒母。「暖気樽(だきだる)」の中には、お湯と氷水を交互に入れます。 米麹の酵素や酵母の働きを活性化させたり抑制したりと、腕の見せ所です!   こちら6日目の酒母。 中身の容量は同じですが、炭酸ガスにによる泡で、ずいぶんとかさが増えてきました。   香りも、すでにいい吟醸香✨   この工程で酵母を安定した菌数まで増やした後、大きなタンクへお引越しです!