About 中沢酒造

This author has not yet filled in any details.
So far 中沢酒造 has created 30 blog entries.

酒粕はがしました!

2018-12-26T09:43:20+00:00 2018年12月24日|酒造り|

お酒の醪を絞ったら、その後には酒粕が残ります。 その酒粕は、毎回綺麗に取り除く必要があります💦 酒粕は販売もするので、綺麗な形のまま剥がすのがけっこう大変で、コツが必要です😅   板チョコみたいな酒粕を、四角い形のまま剥がしていきます。   ちなみに、今年の酒米は溶けにくかった(デンプンから糖に分解されにくかった)ようです。 もちろん、酒米が溶けにくいと分かった時点でその都度仕込みの具合を少しずつ調整していますが、、、 それでも溶けにくかったので、酒粕が例年より多めになりました🍶   一枚一枚剥がしていきますが、綺麗な形のまま剥がすのがとても大変。   酒米は、少しずつゆっくり溶けることで、少しずつ酵母に糖を供給し、少しずつアルコール発酵を進めていきます。 酒粕が多いということは、酵母が出したアルコールが少ないということ。 アルコールが少ないということは、加水量も少ないということ。 つまり、出来上がったお酒の量が少ないということです💦     去年と同じ品質のお酒を作ろうと思って同じ量の酒米を使っても、出来上がりに少しずつ差が出てくるのです。 むずかしー!!   乳白色の綺麗な酒粕。 これが美味しいんですよー!酒粕販売してますよ~

【イベント】年末!特別試飲販売会のお知らせ

2018-12-20T19:30:40+00:00 2018年12月20日|お知らせ, イベント|

12月29日(土)〜31日(月) 10:00〜18:00 小田原のショッピングモール、ダイナシティ・ウエストの1階イベントスペースにて「松みどり大試飲会!」を開催します✨ しぼりたてのお酒720ml 1225円をご用意して、お待ちしております! ふわっと香る華やかな香りと、爽快なキレ味の、シャープな印象のお酒です🍶❤️ 出来立てを試飲しましたが、、、素直においしい! これは本当に、皆様に一度飲んでいただきたいお酒です✨ お正月は、出来立てホヤホヤのお酒で新年を迎えませんか😊?

お酒を搾りました!

2018-12-20T16:06:25+00:00 2018年12月18日|酒造り|

ついに、醪第一号をしぼりました😍✨✨ 約1ヵ月間、朝から晩まで面倒を見てきた第一号です。 今年は12月上旬でも気温が高い日が続き、清酒製造には厳しい状況でした💦 気温が高いと、酵母が上手に発酵させず、自己増殖にエネルギーを使ってしまい、目的とする酒質のお酒が出来ないからです。 ですが、、、そんな気温をものともしないベテラン蔵人たちのおかげで、順調に醪も育ち、ついに搾ることができました😆 気温が高かったので、氷を使ったりと、工夫をしながら今季1本目の酒造りをしてきました! お酒を人生とたとえるならば、自分の娘を成人式に送り出す親のような気分です😢❤️ ようやくここまできました。 あとは、キレイな瓶に詰め、立派なラベルを貼り、お化粧をして、皆様の元へお届けします🍶✨ 今回しぼったお酒は、「本醸造 しぼりたてのお酒」です。 お電話、FAX、メールでの他に、中沢酒造へお問い合わせ頂ければ、近くの特約店さまを紹介させて頂きます。   左下のホースから、お部屋の中にあるしぼり機で濾過され、右下のホースから別のタンクへ移します! お部屋の中は冷蔵庫になっており、低温で醪を絞ることが出来ます✨   こちらしぼり機。 正式には「佐瀬式 自動圧搾濾過器」といいます! 薄い板の間にもろみを通し、横から圧をかけて搾ります。   少しずつホースでしぼり機の中に入れていきます。 ムラができないように、櫂入れしながら行います。   [...]

酒林づくり体験

2018-12-19T14:49:13+00:00 2018年12月18日|ブログ|

いつもお世話になっている酒販店様、飲食店様が、お店の軒先に飾る酒林を造りにいらっしゃいました☺️ 去年の酒林の杉の葉を解体し、竹芯の部分はそのまま使えそうなら補修をしてそのまま使います。 この、竹芯を作るのが、とっても大変💦 杉の葉を同じ長さに切ったものを大量に用意し、 竹芯にバランス良く差し込んでいきます! 全体の形を見ながら刈り込みを行い、完成です🌲 去年の酒林に感謝を込めて、今年の酒林に希望を込めて😍✨   竹を切り出して、芯となる部分をつくります!これが結構大変で・・・・💦 竹を細く、薄くしていきます。太すぎでは丸くならないし、細すぎては折れてしまいます😢   切り出した竹を球状にしていきます! きちんと固定しないと、来年1年間、キレイな酒林を保つことはできません!!   杉の葉を差し込んでいきます。1区画に詰めすぎると竹芯がゆがみ、緩んでしまいます。 全体にバランス良く差し込んでいきます! この時、杉の葉を差し込む人がスムーズに作業できるように、予め杉の葉は同じ長さに切っておきます。 青い箱に約8箱使います!   小休止で、もぐもぐタイム!😍ほかほかの中華まんと、缶コーヒーであったまります。 この日も寒かったー❄️   全体のバランスを見て刈り込んでいきます。 [...]

【メディア】地域紙に掲載されました

2018-12-16T20:48:00+00:00 2018年12月16日|お知らせ|

12月7日「まちの情報誌 ポスト」 12月15日「タウンニュース」に、掲載されました! しぼりたてが、ついに解禁です😍❤️ 23日にしぼりたてが発売になると、そこから続々と新酒が出てきます。 蔵は忙しい日が続きますが、そのぶん、愛情込めて育てたお酒たちを皆様にお披露目できる日が、とても楽しみです✨ 「しぼりたて、もうそろそろかと思って」 「新酒、まだ?毎年買ってるんだ」 そんなお声が何よりうれしい。 2018年もあと2週間! 年末年始の団欒には、松美酉も仲間に入れてあげてください☺️ 12月7日「まちの情報誌 ポスト」   12月15日「タウンニュース」

酒林(さかばやし)完成しました!

2018-12-19T17:03:32+00:00 2018年12月15日|ブログ|

しぼりたてのお酒の完成より一足早く、酒林が完成しました😆✨ 酒林とは、、、「酒屋で杉の葉を束ねて、球状にし、軒先にかけて看板とするもの」です。 杉玉(すぎだま)とも呼びますが、広辞苑には「杉玉」は載っていません。 中沢酒造の酒林には、あるこだわりが、、、 それは、骨組みを「竹」で作ること!! 針金を使って骨組みを作るところが多いようですが、中沢酒造で作っていただく酒林は、骨組みを昔ながらの「竹」を割って使っています。 なぜなら、酒林は江戸時代前期からありますが、「江戸時代前期には針金は使ってなかっただろう」からです。 中沢酒造も江戸時代から、日本酒を造っています! その頃に思いを馳せながら、竹で骨組みを作っているのです✨   大量の杉の木を使います!トラックで裏山から採ってきます。   中の骨組み。針金ではなく、竹を使います。 今年は少し改良し、特殊な形をした骨組みを使います😊 この骨組みを作るのがとても難しい!   骨組みができたら、杉の葉を均等な長さに切っていきます。パチン、パチン。 この箱に8〜10箱ほど、切ります!   半分できました! 竹枠の大きさより5~10センチほど大きくなります。 酒林を作ってくれるのは、ベテランボランティアの有川さん✨   [...]

2019年S.tokyoの予約について

2018-12-15T14:44:12+00:00 2018年12月15日|お知らせ|

2018年10月1日に限定2000本を新発売し、わずか2日で蔵在庫が完売した「純米吟醸 S.tokyo」。 大変ご好評いただき、誠にありがとうございました!!✨ ※「純米吟醸 S.tokyo」は、109年前に発見されるも、酒造りの現場で使われてこなかった幻の清酒酵母「Saccharomyces tokyo(サッカロマイセス トウキョウ」を使用した日本酒です。 こちらの、来季の予約についてご案内です😊 「純米吟醸 S.tokyo」は来季は【2019年6月頃より発売開始】の予定です。 その1か月前【2019年5月頃より予約開始】の予定です!! 忘れない様に、カレンダーに「S.tokyo予約開始!」と書き込んで頂くことをオススメします😀 また中沢酒造では、商品の品質管理と日本酒の専門的なサービスを提供するため、インターネット販売は行っておりません。 お求めの際は、 【お電話】0465-82-0024 【FAX】0465-83-5332 【メール】info@matsumidori.jp 【ホームページのお問合せフォーム】http://www.matsumidori.jp/ からお願いします! 詳細はHP、Facebook、twitterで随時発信していきますので、、、 引き続きチェックお願いします😍❤️

櫂入れのお時間です!

2018-12-14T20:10:33+00:00 2018年12月11日|酒造り|

毎日、朝と夕方醪タンクの中を混ぜます✨ ブクブクと立ち上ってくる泡の正体は、酵母です! 酵母は酸素があるところで活発に活動します。 活動することで炭酸ガスを出すので、醪の中はどんどん酸素がない状態に。 そんな酵母たちが、酸素を求めてタンクの上の方に密集します! そのせいで、発生した炭酸ガスが空気中に逃げられず、泡となって表面にぶくぶく湧いてくるのです😆 泡の状態は刻一刻と変化していき、タンクの中の様子を知らせてくれています✨ ↑こちら6日目です! 蒸米が水分をたっぷり吸って、少しずつぷつぷつと炭酸ガスが出てきているのがわかります✨ これだけの炭酸ガスを逃さないような酵母の膜を作るには、相当数の酵母が必要です。 なので、「酒母」をつくり、酵母を増やすんですね!   こちら8日目! 泡が大きくなっているのが分かります! 発酵が順調に進んでいます!!   こちら10日目! 泡がどんどん湧いてきて「泡消し機」が無ければタンクから溢れかねない勢いです! 特に今年は暖かい日が続き、酵母が旺盛なので、醪管理が大変です。。。   櫂入れの前に、竹で泡を消します! 20センチほど、泡が出来ていたのがわかります😊 こんなに炭酸ガスが出るんですね! [...]

留仕込み完了!

2018-12-03T20:19:35+00:00 2018年12月3日|酒造り|

酵母の数が増えたので、添タンクから、さらに大きなタンクへお引越ししました! 小さな酒母タンクから、ひとまわり大きな添タンクへ移したので「酒母(しゅぼ)」から「醪(もろみ)」に呼び名が変わります✨ 😊1日目「添仕込み」 雑菌に汚染されない様に整えた酒母を、約2倍にスケールアップしました! 😊2日目「踊(おどり)」 添仕込みで酵母は薄まってしまったので、しっかり増殖させるために1日休ませます。倍々に酵母が増えていきます! 😊3日目「仲(なか)仕込み」 添仕込みから、さらに約2倍にスケールアップ! 「踊」期間にしっかり酵母が増えているので、もうお休みさせなくても大丈夫!このまま4日目に突入です。 😊4日目「留仕込み」←いまここ 仲仕込みから、さらに約2倍にスケールアップ!!     タンクのサイズがぐっと大きくなりました! 2mほどの高さです。   添タンクから、少しずつくみ出して移します。100%人力です!   タンクの背が高いので、移動させるのも一苦労です。よっこいしょ!   自動でポンプでやるところもありますが、中沢酒造は手動です。これを冬の間に約30回やります!   お手製の巨大ゴムベラで、残さず最後まできれいにこそげ取ります。 [...]

Load More Posts