Loading...
松みどりのご紹介 2018-06-13T15:13:36+00:00

松美酉の由来

中澤酒造の創業は文政8年(1825)の創業です。

中澤酒造は地元の神奈川県の足柄米を使い、酒づくりに精を出す一方で松田周辺の庄屋も兼ねていました。

また当時は小田原藩の御用商人として大久保家に出入りし、お酒を献上したところ、藩主大久保氏より「松美酉」の名を賜りました。

この「松美酉」の名は

・二宮尊徳が治水のために植えたという酒匂川の松の美しさと松(吉祥の象徴)
・美酒

をかけていると代々語り継がれています。

松みどりの酒造り

松美酉(松みどり)は厳選された良質の酒米と丹沢山系の清洌な伏流水から作られています。

今でも昔ながらの麹造りに始まり、ふねによる上槽まで全量手造りにこだわっています。

松美酉の酒造りは厳選した酒造好適米を一粒一粒大切に磨くことから始まります。

純米酒と生酒にこだわっている酒造りだからこそ、原料米、仕込み水も吟味し、「こびず、おごらず」素直な酒造りを心掛け、ひとつひとつ丁寧にじっくり時間をかけて醸しています。