櫂入れのお時間です!

毎日、朝と夕方醪タンクの中を混ぜます

ブクブクと立ち上ってくる泡の正体は、酵母です!
酵母は酸素があるところで活発に活動します。

活動することで炭酸ガスを出すので、醪の中はどんどん酸素がない状態に。

そんな酵母たちが、酸素を求めてタンクの上の方に密集します!

そのせいで、発生した炭酸ガスが空気中に逃げられず、泡となって表面にぶくぶく湧いてくるのです😆

泡の状態は刻一刻と変化していき、タンクの中の様子を知らせてくれています

↑こちら6日目です!

蒸米が水分をたっぷり吸って、少しずつぷつぷつと炭酸ガスが出てきているのがわかります

これだけの炭酸ガスを逃さないような酵母の膜を作るには、相当数の酵母が必要です。

なので、「酒母」をつくり、酵母を増やすんですね!

 

こちら8日目!

泡が大きくなっているのが分かります!

酵が順調に進んでいます!!

 

こちら10日目!

泡がどんどん湧いてきて「泡消し機」が無ければタンクから溢れかねない勢いです!

特に今年は暖かい日が続き、酵母が旺盛なので、醪管理が大変です。。。

 

櫂入れの前に、竹で泡を消します!

20センチほど、泡が出来ていたのがわかります😊

こんなに炭酸ガスが出るんですね!

 

背の高いタンクなので、高いところに通路をわたし、そこを通りながら櫂入れします!

なれていれば平気ですが、最初はその高さに尻込みしてしまいます。。。

 

さあ、この後は醪の発酵も後半に進みます!!

2018-12-14T20:10:33+00:00 2018年12月11日|酒造り|